kid'sヨガ指導者養成講座を終えて

7月に開催されました片岡まり子先生によるキッズヨガ指導者養成講座を受講してきました。 前からこどもの成長の過程で何かできることはないかと考えていたところにこういう形でヨガをしてみないかと、提案されたところから今回こどもヨガを開催することにしました。




ヨガをする以前にもこども教育には全くふれてこなかったため、こどもに「ヨガをさせる」ためにどうすればいいか学びに行きました。

片岡まり子先生は、「こどもにアーサナをさせなくてもヨガを伝えることができます」と自分の考えを一蹴されました・・・笑


ヨガとは哲学であり、自分を傷つけないために自分の気持ちを聞いてあげる。

小さな時期から、おとながこどもに「体験したことに対してどんな気持ちになったか」を確認することで、こどもは自分と向き合う練習をしてさらにそれを表現する事を学ぶ。

表現の仕方でお友達とケンカになることもあるが、「大人の都合」で解決させない事。

ケンカしたことでまた、どんな気持ちになったか聞いてあげて距離感を学ばせること。



キッズヨガや親子ヨガで見て、気づいてあげて伝えてあげる事。

情緒が不安定な時期に入ったこどもでも、自分の気持ちに向き合えることができる習慣が身についていたなら、自分で自分を傷つけることや他人に傷をつけることは減るのではないか。そんなこどもたちを増やしたい。





膨大な情報量を片岡まり子先生からは頂きました。

これをかみ砕いて親子ヨガを展開していきます。



自分の気持ちを伝えてはいけない社会の風潮にそろそろストップをかけるのは今の大人を変えるのではなく、今の子供たちに必要なのかなと感じています。





1回の閲覧

​あびんこヨガ

take a emotion

TEL:070-4487-1130

  • Facebook
  • Instagram